2012年12月10日

≪Java≫ ファイル入力(読み込み) サンプル

≪Java≫ ファイル入力(読み込み) サンプル


import java.io.FileReader;
import java.io.BufferedReader;

import java.io.IOException;
import java.io.FileNotFoundException;

public class Test {
 public static void main(String[] args) {
  try{
   BufferedReader br = new BufferedReader(new FileReader("word.txt"));
   String str;
   while((str=br.readLine())!=null){
    System.out.println(str);
   }
   br.close();
  }catch(FileNotFoundException e){
   System.err.println("ファイルオープンエラー");
  }catch(IOException e){
   System.err.println("データを読み込みエラー");
  }
 }
}





≪Java≫ ファイル出力(書き込み) サンプル

≪Java≫ ファイル出力(書き込み) サンプル


import java.io.FileWriter;
import java.io.BufferedWriter;
import java.io.PrintWriter;
import java.io.IOException;

public class Test {
 public static void main(String[] args) {
  try{
   PrintWriter pw = new PrintWriter(new BufferedWriter(new FileWriter("test.txt")));
   pw.println("テスト1行目");
   pw.println("テスト2行目");
   pw.close();
  }catch(IOException e){
   System.out.println("ファイル作成 不可");
  }
 }
}


≪留意点≫
 ・指定されたファイルが存在しなければ、自動で作成される。(ファイルがなくてもエラーにはならない)
 ・2度実行しても、ファイルの中身は同じ(追加書き込みではなく、全くの上書きになる)
 ・try ~ catch 文を書かないと、コンパイルエラーになる。
 ・close() を忘れないように。
 ・Java5 以降は、PrintWriter のみでの記述も可能。
  【サンプル】
   PrintWriter pw =
   new PrintWriter("test.txt");





≪Java≫ ファイル 入出力 主なメソッド一覧

≪Java≫ ファイル 入出力 主なメソッド一覧


■ mkdirs


【メソッド】
 public boolean mkdirs()
【機能】
 パスが示すディレクトリを作成
【戻り値】
 作成に成功すると 「true」 、失敗すると 「false」 を返す
【サンプル】
import java.io.File;
public class eMkdirs {
 public static void main(String[] args) {
  String F = File.separator;
  File f = new File("c:" + F + "work" + F + "data");
  boolean result = f.mkdirs();
  System.out.println("成否:" + result);
 }
}


■ exists


【メソッド】
 public boolean exists()
【機能】
 パスが示すファイルやディレクトリの存在を調べる
【戻り値】
 存在する場合 「true」 、存在しない場合 「false」 を返す
【サンプル】
import java.io.File;
public class eExists {
 public static void main(String[] args) {
  String F = File.separator;
  String fn = ("c:" + F + "work" + F + "data");
  File f = new File(fn);
  if(f.exists()){
   System.out.println(fn + "は存在する");
  }else{
   System.out.println(f + "は存在しない");
  }
 }
}


■ list


【メソッド】
 public String[] list()
【機能】
 ディレクトリ内のファイルとディレクトリの名前文字列を配列として返す
【戻り値】
 名前文字列を配列として返す。ディレクトリが存在しない(またはディレクトリではない)場合は 「null」を返す
【サンプル】
import java.io.File;
public class eFileList {
 public static void main(String[] args) {
  String F = File.separator;
  String fn = ("c:" + F + "work" + F + "data");
  File f = new File(fn);
  String[] list = f.list();
  if(list!=null){
   for(String fname : list){
    File flist = new File(fn + File.separator + fname); ---@
    if(flist.isFile()){
     System.out.println(fname);
    }
   }
  }else{
   System.out.println(fn + "は存在しない。またはディレクトリではない。");
  }
 }
}


■ isFile


【メソッド】
 public boolean isFile()
【機能】
 示されたパスがファイルか否か調べる
【戻り値】
 ファイルの場合 「true」 を返す
【サンプル】
 list() のサンプルを参照
 ※ サンプルの @ のように、絶対パスを指定すること!


■ isDirectory


【メソッド】
 public boolean isDirectory()
【機能】
 示されたパスがディレクトリか否か調べる
【戻り値】
 ディレクトリの場合 「true」 を返す
【サンプル】
 list() のサンプルを参照(使用方法は isFile と同様)
 ※ サンプルの @ のように、絶対パスを指定すること!










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。