2012年12月10日

≪Java≫ ファイル出力(書き込み) サンプル

≪Java≫ ファイル出力(書き込み) サンプル


import java.io.FileWriter;
import java.io.BufferedWriter;
import java.io.PrintWriter;
import java.io.IOException;

public class Test {
 public static void main(String[] args) {
  try{
   PrintWriter pw = new PrintWriter(new BufferedWriter(new FileWriter("test.txt")));
   pw.println("テスト1行目");
   pw.println("テスト2行目");
   pw.close();
  }catch(IOException e){
   System.out.println("ファイル作成 不可");
  }
 }
}


≪留意点≫
 ・指定されたファイルが存在しなければ、自動で作成される。(ファイルがなくてもエラーにはならない)
 ・2度実行しても、ファイルの中身は同じ(追加書き込みではなく、全くの上書きになる)
 ・try ~ catch 文を書かないと、コンパイルエラーになる。
 ・close() を忘れないように。
 ・Java5 以降は、PrintWriter のみでの記述も可能。
  【サンプル】
   PrintWriter pw =
   new PrintWriter("test.txt");





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック