2012年12月01日

≪Java≫ static について

≪Java≫ static について


・ static の付いたフィールドやメソッドは、「クラス変数」や「クラスメソッド」と呼ばれる。
  (反対後:「インスタンス変数」や「インスタンスメソッド」 → オブジェクトの中に取り込まれて、各オブジェクト毎に存在する。
・ クラス定義( class ファイル)にひとつだけ存在する。
・ 「クラス変数」や「クラスメソッド」は総称として、静的メンバと呼ばれる。
・ クラスの中で作成された全てのオブジェクトで共有され、各オブジェクトは静的メンバに自由にアクセスできる。




ラベル:java static 静的

≪Java≫ インターフェースのルール

≪Java≫ インターフェースのルール


【メリット】


 @ 継承の場合、継承できる親クラスは1つだけだが、
   インターフェースの場合は、複数のクラスを継承するかのような効果を得ることができる。

 A インターフェースで定義する「定数」や「抽象メソッド」は、全て public であるため、外部に公開されており、複数のメンバーでシステムを開発する際に共有しやすい。


【書き方】


 interface インターフェース名 [ extends インターフェース名1、インターフェース名2、・・・ ] {
  public 定数
  public 抽象メソッド
}


【ルール】


 @ 「定数」と「抽象メソッド」のみ定義できる。
 A 定数には、
    public static final が暗黙的に付加される。(わざわざ書く必要なし)
 B 抽象メソッドには、
    public abstract が暗黙的に付加される。(わざわざ書く必要なし)
 C ファイル名は、クラスと同様、拡張子(.java)となる。
 D extends で他の複数のインターフェースを継承できる。

※A,Bはわざわざ書いても問題なし。


【実装時の書き方】


 class クラス名 [ extends クラス名 ] implements インターフェース名1、インターフェース名2、・・・  {
 クラス定義  
}


【実装時のルール】


 @ 実装するクラスは、クラスの継承と、複数のインターフェースの実装が同時に可能
 A 実装(implements)するクラスは、実装したインターフェースの抽象メソッドを全てオーバーライドしなければならない。
  (オーバーライドしない場合は、クラス自体が抽象クラスとなる)
 B インターフェースの抽象メソッドを実装する際は、必ず public を付ける。
  (インターフェース側では、public の記述がなくても、暗黙的に public が付いている)





≪メール設定≫ 各WEBメールの送受信設定 (Outlook の場合)

≪メール設定≫ 各WEBメールの送受信設定 (Outlook の場合)


● infoseek (Windows Live) の場合

 ■ 電子メールアドレス:*****@infoseek.jp

 ■ アカウント名:*****@infoseek.jp
 ■ パスワード:Windows Live のパスワード
           ↑ infoseekのパスワードと違う場合があるので注意!! もしうまくいかなければ、
http://portal.faq.rakuten.co.jp/app/answers/detail/a_id/16796
を参考にパスワードを再設定した方がよい

【受信】
 ■ サーバー名:pop3.live.com

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 受信サーバー(ポート):995
 ■ 暗号化された接続(SSL)が必要:はい


【送信】
 ■ サーバー名:smtp.live.com

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 送信サーバー(ポート):587(暗号化がTLSの場合でも同じ)
 ■ 使用する暗号化接続の種類:SSL(またはTLS)

 ■ [送信サーバ]タブ ⇒ 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O):チェック入れる

注:SSLを使用してエラーが発生した場合は、代わりにTLSを使用してみてください。


● Yahooメール の場合


 ■ 電子メールアドレス:*****@yahoo.co.jp

 ■ アカウント名:*****(メールアドレスの@より前)
 ■ パスワード:そのまま

【受信】
 ■ サーバー名:pop.mail.yahoo.co.jp

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 受信サーバー(ポート):110
 ■ 暗号化された接続(SSL)が必要:なし


【送信】
 ■ サーバー名:smtp.mail.yahoo.co.jp

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 送信サーバー(ポート):587
 ■ 使用する暗号化接続の種類:なし

 ■ [送信サーバ]タブ ⇒ 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O):チェック入れる


● OCNメール の場合

 ■ 電子メールアドレス:*****@#####.ocn.ne.jp (#####の部分はアカウントによって変化)

 ■ アカウント名:*****(メールアドレスの@より前の部分)
 ■ パスワード:そのまま

【受信】
 ■ サーバー名:#####.ocn.ne.jp (#####はメールアドレスの@の後ろ)

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 受信サーバー(ポート):110
 ■ 暗号化された接続(SSL)が必要:なし


【送信】
 ■ サーバー名:smtp.vc#####.ocn.ne.jp (#####はメールアドレスの@の後ろ)

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 送信サーバー(ポート):587
 ■ 使用する暗号化接続の種類:なし

 ■ [送信サーバ]タブ ⇒ 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O):チェック入れる


● ロりポップ(独自ドメイン)

 ■ 電子メールアドレス:*****@#####.### (#####.###は独自ドメイン)

 ■ アカウント名:*****@#####.###(メールアドレスそのまま)
 ■ パスワード:そのまま

【受信】
 ■ サーバー名:pop3.lolipop.jp

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 受信サーバー(ポート):995
 ■ 暗号化された接続(SSL)が必要:はい


【送信】
 ■ サーバー名:smtp.lolipop.jp

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 送信サーバー(ポート):465
 ■ 使用する暗号化接続の種類:SSL

 ■ [送信サーバ]タブ ⇒ 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O):チェック入れる

注:SSLを使用してエラーが発生した場合は、代わりにTLSを使用してみてください。


● Apple ID ( @me.com や @icloud.com )

 ■ 電子メールアドレス:*****@icloud.com または *****@me.com

 ■ アカウント名:*****@#####.###(メールアドレスそのまま)
 ■ パスワード:そのまま

【受信】
 ■ サーバー名:imap.mail.me.com (@icloud.com のメールアドレスでも同じ)

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 受信サーバー(ポート):993
 ■ 暗号化された接続(SSL)が必要:はい


【送信】
 ■ サーバー名:smtp.mail.me.com (@icloud.com のメールアドレスでも同じ)

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 送信サーバー(ポート):587 (暗号化がTLSの場合でも同じ)
 ■ 使用する暗号化接続の種類:SSL (またはTLS)

 ■ [送信サーバ]タブ ⇒ 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O):チェック入れる

注:SSLを使用してエラーが発生した場合は、代わりにTLSを使用してみてください。


● Hotmail (Windows Live)


 ■ 電子メールアドレス:*****@hotmail.co.jp

 ■ アカウント名:*****@hotmail.co.jp(メールアドレスそのまま)
 ■ パスワード:そのまま

【受信】
 ■ サーバー名:pop3.live.com

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 受信サーバー(ポート):995
 ■ 暗号化された接続(SSL)が必要:はい


【送信】
 ■ サーバー名:smtp.live.com

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 送信サーバー(ポート):587 (暗号化がTLSの場合でも同じ)
 ■ 使用する暗号化接続の種類:SSL(またはTLS)

 ■ [送信サーバ]タブ ⇒ 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O):チェック入れる

注:SSLを使用してエラーが発生した場合は、代わりにTLSを使用してみてください。


● Gmail


 ■ 電子メールアドレス:*****@gmail.com

 ■ アカウント名:*****(メールアドレスの@より前の部分)
 ■ パスワード:そのまま

【受信】
 ■ サーバー名:pop.gmail.com

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 受信サーバー(ポート):995
 ■ 暗号化された接続(SSL)が必要:はい


【送信】
 ■ サーバー名:smtp.gmail.com

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 送信サーバー(ポート):587 (暗号化がTLSの場合でも同じ)
 ■ 使用する暗号化接続の種類:SSL(またはTLS)

 ■ [送信サーバ]タブ ⇒ 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O):チェック入れる

注:SSLを使用してエラーが発生した場合は、代わりにTLSを使用してみてください。


● aim.com (AOL)


 ■ 電子メールアドレス:*****@aim.com

 ■ アカウント名:*****aim.com
 ■ パスワード:そのまま

【受信】
 ■ サーバー名:pop.aim.com

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 受信サーバー(ポート):110
 ■ 暗号化された接続(SSL)が必要:なし


【送信】
 ■ サーバー名:smtp.aim.com

 [ 詳細設定(M) ]
 ■ 送信サーバー(ポート):587 (暗号化がTLSの場合でも同じ)
 ■ 使用する暗号化接続の種類:SSL(またはTLS)

 ■ [送信サーバ]タブ ⇒ 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O):チェック入れる

注:SSLを使用してエラーが発生した場合は、代わりにTLSを使用してみてください。

※ IMAP での設定も可能なようです。

IMAPのセットアップ情報
 • メールアドレス:*****@aim.com
 • IMAPのユーザー名:*****@aim.com
 • 受信メールサーバー:imap.aim.com
 • SMTP送信サーバーアドレス:smtp.aim.com
   ※ ポートを587に設定してください

 • SMTPのユーザー名:*****@aim.com
 • SMTPのパスワード:メールへのログインに使用したものと同じ

安全に接続するために、メールプログラムのIMAP/POPのSSLオプションとSMTPのTLSを確認してください。




● gooメール


  有料設定にしないと、メールソフトでの受信や、メール転送 不可
※ 他のメールアドレスへの新着通知は可能。

● exciteメール


  無料メール(BBでないメール)は、メールソフトでの受信や、メール転送 不可
※ 他のメールアドレスへの新着通知は可能。




【参考】
 [ Outlook の場合で、WEBサーバ上にメールを置いておきたい場合 ]
 ■ [ 詳細設定 ]で、「サーバーから削除する(R)」にチェックを入れる




posted by キョウ at 14:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 3.小技(Office系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする